第20回SAF CUP争奪4WD競技会

◀前の記事 |次の記事▶

 SAF創業当時の20年前、世の中は空前の四駆ブーム真っ只中で、
ランドクルーザーやハイラックスサーフ、パジェロ、サファリなどたくさんのSUVが街中を走っていました。
と同時に、走り方(マナー)を知らないユーザーにより、事故や森林・海岸などの環境破壊が社会問題となってきました。

 そこで、4WDの正しい扱い方、運転技術&マナーの向上を目的として始まったのが「SAF CUP」です。

 開催当初の参加台数は30台前後でしたが、回を重ねるにつれ知名度は上がっていき、
多いときでは全国各地から80台を超える参加台数を誇る4WD競技会に成長しました。
多くのトヨタ関連企業様による協賛もあり、入賞賞品や参加賞が豪華なのも特徴です。

 さて、今回で20回目を迎えたサフカップですが、東は静岡県御殿場、西は京都府亀岡より61台の申込がありました。
大半はリピーターで競技を楽しむのはもちろんですが、一年に一度の同窓会のような雰囲気でもあります。
中には「サフカップが終わらないと年越しの感じがしない!」という声も頂いており、
皆さんの期待がこれまで回を重ねることの出来た原動力にもなっています。

 

「第20回SAF CUP争奪4WD競技会」

日   時 : 平成26年12月21日(日)
天   候 : 晴れ
申込台数 : 61台(出走59台)

 

【 競技内容 】

競技は5セクションで行われ、各セクションの総合得点で順位を競います。
制限時間内でいかに減点を少なくポイントを稼ぐかで勝敗が決まります。
ホイールベースによりクラス分けをし、各クラス上位3名と、総合3位までの方は表彰されます。

第1セクション・・・登坂セクション。40mの登坂に深いモーグルが連続するトライアルコースの「胸突八丁」を含む
            コース選択でポイントが加点されるチャレンジングなコース

第2セクション・・・モーグルセクション。大きくうねった砂のモーグルを早く、正確に、またスタックさせず如何に安定して
            走行するかという難易度の高いテクニカルなコース

第3セクション・・・大小さまざまな岩石を組み合わせた岩石路セクション。奥に行くほど難易度の高いコースを如何に車を
           ヒットやリバースをさせず、加点できるかがポイント。

第4セクション・・・林間セクション。前日の大雨の影響でマッド化したコースを、アクセルワーク、ライン取りを駆使して走破。

第5セクション・・・岩石登坂路セクション。岩石登坂路内の加点ベースポイントをどの順路・ライン取りで得点するかの戦略、
           運転技術が試されるコース。

 

【 競技会風景 】

 P1000633.JPG P1000634.JPG P1000635.JPG
 P1000636.JPG  IMG_3689.JPG  P1000650.JPG
 P1000648.JPG  P1000652.JPG  P1000653.JPG
P1000654.JPG P1000655.JPG P1000651.JPG
P1000656.JPG P1000659.JPG ※写真が少なくてスミマセン!
     

 

 

☆ 結果 ☆

【総合優勝】

柏原さん(ジムニー)

sougou.jpg

 

【ショートクラス】

1位 柏原さん(ジムニー)

2位 井神さん(ジムニー)

3位 藤代さん(ジムニー)

short.jpg

 

【ミドルクラス】

1位 上野さん(ランクル70)

2位 広瀬さん(サファリ)

3位 久保田さん(ランクル70)
※写真は代理の米谷さん

middle.jpg

 

【ロングクラス】

1位 伊賀さん(ランクル80)

2位 田中さん(サファリ)

3位 村田さん(ランクル80)

long.jpg

 

IMG_3691.JPG今回もたくさんの協賛品をいただきました! P1000697.JPGショウワガレージ様よりHIDとホーンを  
IMG_3698.JPGちびっこにはクリスマスプレゼント♪ P1000692.JPGSAF賞の自転車は鈴木さんがゲット!  
IMG_3707.JPG

参加者最年少の浜地さんと最年長の寺田さんは
なんと年の差49歳!

IMG_3708.JPG

SAFからクリスマスケーキのプレゼント♪

 

 

 

前日よりかなりの雨が降り、コースはかなりのマッドコンディションでしたが、

スタッフの心配をよそに素晴らしい走りを見せていただきました!

また、今回も多くの企業様よりアウトドアグッズを始め

たくさんの協賛品をご提供いただき、参加者の皆さまに喜んで頂きました。

 

今大会も大きな事故も無く、無事に終えることが出来ました。

これも一重に大会開催にご理解とご協力をいただいております企業様、

運営をお手伝いいただく臨時スタッフの方々、

そして何より参加者の皆さまのご協力の賜物とスタッフ一同感謝いたしております。

 

今後も様々なイベントや競技会を通じて「四駆の輪」が広がり、

豊かな四駆ライフを過ごして頂くお手伝いをさせて頂きたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!!

 

スタッフ一同

 

IMG_3705.JPG

さなげアドベンチャーフィールド:INFOMATION